丸尾本店
琴平の銘酒 凱陣  覺殀本店
 
  丸尾本店は、この香川県琴平の地で手造りの地酒凱陣(がいじん)を
造り続けておられる小さな酒蔵です。選び抜かれた讃岐の新米と讃岐の偉人空海ゆかりの満濃水系の伏流水を使い、蔵元であり杜氏の丸尾忠興氏が丹精込めて醸し上げたお酒です。

 
旨口の魅力ある味と香りを味わっていただきたい。
また、ワインと同じく熟成の中で、深みのある味わいの極みに
なります。 
讃岐が生んだすばらしい蔵だと、さぬき人として誇りに思っています。

グルメコミック紙「美味しんぼ」54巻で、凱陣が紹介されたので
ご存知の方も多いかと存じますが、数量を売ろうと言う酒蔵さんでは
ありませんので、品切れの場合はご容赦願います。

南西側より蔵を臨む
 

丸尾ワールドへようこそ!


 僕ら飲み手はまさに飲む瞬間の感動を味わおうと待っています。季節を愛で、ゆるゆると流れる至福の時を愉しむ。その瞬間に、時の流れで年輪のごとく味わいを重ねる凱陣を飲みたい...酒米違いで愉しみたいなど。ダイジェスト的なお酒の楽しみ方ではなくじっくり味わって楽しんでいただきたい。是非、丸尾ワールドへ!!
 


凱陣のお酒一覧を見る


 
「激動の時代を生きた夢とロマンと心意気」へ

 仕込み
凱陣の酒造りスピリットの原点は
彗星のごとく輝いて往った幕末の郷土の偉人たちにあった?!

四国は讃岐のこんぴらさんの東にある古くからの酒蔵が残る丸尾本店。この酒蔵の中で幕末の志士、桂小五郎や高杉晋作が潜伏していたそうです。当所は幕末時代は天領で交通の要所、こんぴら参りで人の往来が多かったので、きっといい情報が集まる所だったのでしょう。 幕末の志士たちは酒蔵の中でおいしい酒を飲みながら、日本の将来を語っていたことでしょう。>>>続きを読む
 

凱陣の商品一覧ページへ ⇒

 

ページトップへ